これをすれば高額になる|様々な重機が中古で取引されている【買取のタイミングもチェック】

UsedCar

大事な重機を売却するなら買取金額を高くしたい

これをすれば高額になる

工事現場

新しいものを購入したいと考える人が多い

今所有している重機を処分したいというときは、もうその機械が動かないことが多いのですが、買取してもらいたいと考えている場合は次に新しい重機を購入したいと感じている人が多いです。査定金額を高くすることができれば、次に購入する車の資金源となるので、やはりできるだけ高い査定になるように工夫したいものです。

タイミングがある

実は、重機の買取金額が高くなる時期があります。それは3月、そして10月~1月の間です。この時期の特徴としては、最も重機が必要とされる、購入する企業が多い時期であるという点が挙げられます。3月頃は年度末の決算時期でもありますので、実はこの時期に多く建設や公共工事が行なわれます。そのためこの時期に査定してもらえば買取金額を高くできるといえるのです。

大事に使う

新車で購入した重機であれば、いつか中古売却することも考えて普段から大事に使うべきです。修復があってもそれほど買取金額は低くはなりませんが、やはり普段から錆や凹みに気を付けて使いましょう。そして、買取に出すときは足回りを重点的に掃除しておくようにすると良いです。状態を細かく業者に伝えると買取金額も正確に出せますので、動作チェックを行なっておくことが大事です。

皆が重機を買い替えたいと思う時ランキング

no.1

寿命がきたとき

重機の場合、普通の車よりも長い耐用年数がありますが、それでも20年を過ぎてくると買い替えたいと感じる場面も増えてきます。中古で購入した場合その耐用年数を気にしながら乗る人が多いのはそのためです。トラックなら20年が寿命といわれています。

no.2

11年のタイミング

中古買取を利用することを見越して、重機を買い替える人や企業も多くあります。トラックでいうと15年になると修理する回数も多くなり、買取需要の分かれ目だといわれているので、11年を過ぎると買い替える人も多くなってきます。

no.3

メーカーのフルモデルチェンジ

中古買取金額が低くなるタイミングといえば、メーカーがフルモデルチェンジをしたときといわれています。やはり新しいものが目を引き、古いタイプは大幅に安くなってしまうため、メーカー開発の7年周期を目安に中古売却をする人が多くなるのです。

no.4

点検時期

バックホウなどの重機も、通常の乗用車と同じく車検のような検査を受けなければならないとされています。点検は毎日行なう必要がありますが、一年に一回もしくは二年に一回年次検査がありますので、その前が買い替えのタイミングになります。

no.5

良い買取業者が見つかったとき

納得いく買取金額で売却したいと考える人は、需要よりも買取してくれる業者で相性の良いところを見つかったときにすぐに買い替えるというパターンが多いです。中間業者が入らないと高い金額で買ってもらえるので、そういった業者を探している人がいます。