購入のポイント|様々な重機が中古で取引されている【買取のタイミングもチェック】

UsedCar

中古ダンプを購入するなら積載量などをチェックしよう

重機なら中古でも十分使える

ダンプカーやトラクターなど、車には色んなものがあります。乗用車や軽自動車でも、中古買取業者でよく利用されているのですが、中古ダンプの取引の方が盛んなのです。そのため、良い状態のダンプカーが中古で購入できます。

人気のトラックメーカー

no.1

三菱ふそう

トラックにおける国内シェア率が20%を超えるメーカーが三菱ふそうです。排気量がとても高く、走りだけでなくスタイリッシュな見た目も人気の理由です。積載量はそれほど多くありませんが、それでも人気の高いメーカーとなっています。

no.2

いすゞ

トラックメーカーとして歴史も長く、有名なのがいすゞです。三菱は他の車も多く作っていますが、いすゞはトラック一筋という印象なので、トラックを購入したいと考える人がまず最初に検討するメーカーの一つとなっているのです。

no.3

日野

日野のトラックはシンプルで性能が高いレベルを誇ります。そのため機能面では十分なのですが、派手さはないといえます。パワーや積載量を求める建設業であれば、この日野のトラックを選べば快適な走行が実現できます。

購入のポイント

トラック

ダンプカーをいくつか揃えたい

よく中古車買取業者で中古ダンプが取引されています。ダンプカーといえば新車で購入すれば一千万円はかかるほどの高額な車なので、商用車を多く揃えたいと考えている会社には相当な負担となってしまいます。それならば中古で購入した方が安くなるため、中古ダンプが多く取引されているというわけです。

荷台や修復歴をチェック

中古ダンプを取り扱う会社では独自でメンテナンスを行ない、安全に走行できるように整備をしていますので、安心して乗ることができます。安全性以外にも確認しておくべきポイントは以下の通りです。・荷台が錆びついていないか・積載量を確認し、過積載の経歴がないか確認するためにタイヤの内側をチェック・修復歴が何回あるか、損傷の度合いを確認損傷がそれほど大きくなかった場合は修復歴が繰り返されていたとしても問題なく使えます。

試乗することができる

実際どのような乗り心地なのか、新車を購入するときは試乗することができます。中古ダンプ購入でも試乗ができるなら必ず体験してみるべきです。試乗しないでもタイヤの減り具合や錆の付き具合で状態は判断できますが、乗り心地は乗ってみないと分かりません。長く乗っていることができるのか、ブレーキのきき具合はしっかりチェックしましょう。

手間をかけるべき

こういった中古のトラックやダンプカーを取り扱っている場所は、乗用車の中古車取扱店ほど多くあるわけではありません。車を厳選しようと思ったら遠くの販売店に出かけなければならないこともあります。この場合、ちょっと面倒だなと思って早く決めてしまおうと思ってしまうかもしれません。しかし、試乗や実物を確認する手間をかけても、良い中古ダンプを手に入れる価値はあるのです。うまくいけば半額の500万円程度で良いトラックが購入できるのですから、購入前の手続きなど安いものだといえます。