UsedCar

中古ダンプのような重機は買取業者で人気がある

中古でも十分使える

資源を活用するためには、今あるダンプカーや重機も古くなったからといってすぐに廃車にしてしまわないようにしましょう。海外では重機の20年選手は当たり前ですし、中古でも高い値段で買取してもらえるのです。

中古買取業者を活用する鍵はここにアリ

トラック

購入のポイント

中古ダンプの需要があるため売る人も多くいるのです。もし中古でトラックやダンプを購入したいと考える場合、その状態をチェックしてから長く使える車を探すべきです。そのコツは錆やタイヤをチェックすることにあります。

READ MORE
重機

初めて査定してもらう

業者によっては、トラックを専門に取り扱っているところもあり、そこでバックホウの査定がうまく上がっていかないということもあります。業者選びのために複数箇所で査定してもらうことが重要なので、査定方法をチェックしておくべきです。

READ MORE
工事現場

これをすれば高額になる

新しいものを購入するなら、古いものを下取りしてもらうときに多少は買取金額を高くしたいと感じることもあるでしょう。普段から大事に使うことや、買取の前には清掃するなどの工夫をしていれば、高額買取も夢ではありません。

READ MORE

新着情報

ダンプカーで人気の種類

no.1

土砂ダンプ

ダンプカーといえば土砂などを運ぶタイプというイメージですが、実際土砂を運ぶためによく使われています。土砂禁ダンプでは土砂は運べませんので中古ダンプや新車を購入する際は気をつけましょう。廃棄物も運ぶことができます。

no.2

ローダーダンプ

このタイプのダンプには、ダンプ機構とスライド機構が2つついています。そのため、後方に倒して土砂を下ろすこともできますし、重機を積載して運び、地面まで荷台をスライドさせて降ろすことも可能になっているのです。

no.3

強化ダンプ

工事現場などでよく使われているため、中古ダンプでも人気の種類となっています。工事現場でよく使われる理由としては、床板が厚いからです。そのため固い岩やコンクリートを積み込んでも問題なく運搬できるようになっています。

[PR]

重機の買取はこちら!
簡単に査定ができる。

中古ダンプを売りたいなら要チェック!
必要書類の準備情報などが記載されている☆

動かないコンプレッサーは買取業者に引き取ってもらおう
メール相談受付中!

建設で活躍する機械

積み木

国のインフラを支える重機

多くの人が便利に暮らすためには、道の整備や家や施設の建設が必要になります。その現場で活躍しているのがダンプカーを始めとする建設重機です。世界中で道路を始めとするインフラの整備は重視されているので、重機は需要があります。そのため古いものであっても買取したいという人がいるのです。海外に販路をもっている業者であれば、15年を超えた車でも取り扱ってくれることがあります。

ホームページをチェック

ミキサー車やダンプカー、クレーン付きセルフローダーなど、様々な重機を扱っている重機専門の業者に頼めば古い重機を買取ってもらえます。乗用車買取業者はそもそも重機の取扱がないため、持ち込んでも買ってもらえないので注意です。どんな車を取り扱っているのか、どのような値段で売却されているのか、購入、または売却を考えているなら業者のホームページをチェックしましょう。